ギフトコンサルティング トップページに戻る

2011年07月13日

男性の本能とタイプ

images.jpg

人間が進化をする過程で、人間は女性を囲うようになりました。

サルは、ボス猿に対して複数のメスとその子供で群れを形成しますが、
これでは弱いオス猿は子孫を残せません。

弱いオスが子孫を残しやすくするために、メスを隔離し
確実に自分の子供を産ませる…
これが家族のはじまりです。

私たちが生きている現代社会は、弱いものでも生き残れるようにかなりの工夫がされていますが、本能的に男性はこのボス猿のようにハーレムを形成したいと願っていますし、女性はより強い男性と一緒になりたいと願っています。

こう書いてしまうと…

「私はジャニーズ系の男性が好み」
「草食系男子が好き」

と、生き残る上での本能や強さとはかけ離れた回答が返って来そうですが、これも女性が産み出した知恵と戦略によるものです。

現代社会で生き残るたみには、身体能力だけでは少々無理があります。
ですから、「顔の良い子」や「とにかく平穏無事に育つ子」など、無意識のうちに様々な生き残り戦略を立てている訳です。

一方の男性はどうでしょうか?

男性は子供を産みませんし、種の保存だけを考えたとき、子育てに必要ではありません。ですから、男性にとって子供が生まれた後の事よりも子供を産む事の方が重要と言えます。

100人の裸の異性の写真を見せ、どの異性が魅力的かを尋ねると、

女性は好みが比較的バラバラになるのに対し、
男性は好みがある程度しかバラけず
人気の集中してしまう女性が何名か出てしまうのだそうです。

知識や、文明などで人の好みに多少の変化は出ますが
「子供を作りたい」「丈夫な子供が欲しい」と
本能的な欲求がストレートに出た結果だとも言えます。

妥協をしない限り
「みんなが欲しがるいい女」を手に入れたいのですから
その競争率はとても高いのです。

いい女を従える事が、自分の権力を誇示する事にも繋がるのは
歴史上の権力者達を見ても明らかです。

・女性を着飾らせる
・きれいな女性と付き合いたい
・女性を独占したい

というのは男性の本能です。

男女の本能や性差を知って、上手な恋愛や人間関係を構築したいですね。
posted by ぷれこ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女関係のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
時給の高い仕事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。